成功するひととしない人〜その答えと実践シナリオが見えてくる 苫米地博士のコーチングメソッド『No.1ビジネス実践プログラム』はこちら!

こんにちは。 箱田忠昭です。 あなたは今、自分の人生に満足ですか? ある程度満足できているのなら、もっと大きな目標があるでしょう。 もし、満足できていないなら、 絶対に成功したい!夢を叶えたい!と思っているでしょう。 あなたの目標や夢は必ず叶います。 あなたの過去や現在がどんな状態でも、全然問題ありません。 これだけは断言します。 家庭環境も人間関係もビジネススキルもボロボロだった、私でもできたのです。 あなたも必ずできます。 今では日本一のセミナー講師と呼ばれ、 本を出版し、ベストセラーを何冊も出す事ができました。 プライベートも大変充実しています。 なぜ、私はこの様な人生を送ることができたのか? それは、出会いがあったからです。 私の人生は人との出会いで変わりました。 あなたも今日、このCD教材と出会いました。 ぜひ、リーダーとしての考え方、 人を惹きつける魅力的な話し方を身につけてください。 そして、実際に、 あなたの人生を決める大切な出会いを見つけてください。 それがあなたの人生の成功へのスタートかもしれません。
日本No.1講師箱田忠昭の1番人気教材『誰にでも100%伝わる話し方&プレゼンの極意』


井上裕之LIVEセミナー『もう一人の自分で奇跡を起こす方法』

60分で身につくコーチング力〜コミュニケーションを円滑に進め心を開かせる質問テクニック

コーチングを最初から学ぼうとすると、
心理学や人間科学も含めて、かなり勉強する必要があります。

しかし、職場で、ちょっとしたことで、部下のやる気を出させる方法として考えるならば、
ちょっとした話をするだけで、きっかけはできるものです。

基本は、自分の話をしないこと。
自分の話に、すり替えないこと。

簡単にいえば、聞き役に徹すること。
その際、聞きながら全体イメージを大きな図(木のようなイメージ)でとらえ、
幹、枝、ふくらみ、将来の伸びしろ、といった感じで配置してみるのも良いでしょう。

悩みを持つ人は、自身の将来イメージと、組織の行動力学のギャップに悩まされるものです。
また、人間関係でも同じようなことです。人間関係なら、質問のコツを教えて、
積極的に一歩前に踏み込み、相性が悪い相手の話を聞き出すことで、
コミュニケーションは深まります。

聞き方
質問の仕方

こんな単純な2つのテクニックが、
新聞de元気のかんたんコーチングメソッドなら、実践できるようになります。
60分で身につくコーチング力〜コミュニケーションを円滑に進め心を開かせる質問テクニック


スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.06.08 Wednesday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク



    ビジネスライティングスキルはコンテンツマーケティングにも通じる重要なスキル

    0
      コーチングを行う場合も、質問をロジカルに理解しておく必要があります。
      通常、2〜3回に分けて、
       最初は「聞き出す」こと
       次に「方向性」を確認すること
       最後に「共有部分」を見極めること、
      というようなヒアリングを行います。

      これは、新聞記者の質問テクニックから、解説記事の取材テクニックを知れば、
      ロジカルに理解できます。

      ところで、このロジカルなテクニックが、
      いま注目されるコンテンツマーケティングの基本であることは、あまり語られていません。

      ある成功事例に、「共有部分」を明確にして、
      売上を1年で倍増させた「教室」があります。
      この秘策は外部に漏れることなく、いまも続いていますが、
      コンテンツマーケティングが登場する20年以上も前に、このしくみに気付いて、
      印刷物を使って顧客との目標共有を実現したのです。

       文章を書くこと、ビジネスライティングのスキルを高めることで、
       苦労しなくても売れる営業マンになれることは実証されています。



      難しいコーチングと簡単なコーチング

      0
        コーチングを最初から学ぼうとすると、
        心理学や人間科学も含めて、かなり勉強する必要があります。

        しかし、職場で、ちょっとしたことで、部下のやる気を出させる方法として考えるならば、
        ちょっとした話をするだけで、きっかけはできるものです。

        基本は、自分の話をしないこと。
        自分の話に、すり替えないこと。

        簡単にいえば、聞き役に徹すること。
        その際、聞きながら全体イメージを大きな図(木のようなイメージ)でとらえ、
        幹、枝、ふくらみ、将来の伸びしろ、といった感じで配置してみるのも良いでしょう。

        悩みを持つ人は、自身の将来イメージと、組織の行動力学のギャップに悩まされるものです。
        また、人間関係でも同じようなことです。人間関係なら、質問のコツを教えて、
        積極的に一歩前に踏み込み、相性が悪い相手の話を聞き出すことで、
        コミュニケーションは深まります。

        聞き方
        質問の仕方

         こんな単純な2つのテクニックが、
         新聞de元気のかんたんコーチングメソッドなら、実践できるようになります。
         60分で身につくコーチング力〜コミュニケーションを円滑に進め心を開かせる質問テクニック





        ネットで学べるコーチング〜NTTアカデミー

        calendar

        S M T W T F S
           1234
        567891011
        12131415161718
        19202122232425
        262728293031 
        << August 2018 >>

        selected entries

        categories

        archives

        links

        profile

        search this site.

        others

        mobile

        qrcode

        powered

        無料ブログ作成サービス JUGEM

        PR